漢方を用いたダイエット

4月 22nd, 2010 by 曽野医院 Leave a reply »

体に良く(副作用が少ない、効き目が穏やかなど)、美容にも効果があるという点でダイエットをしたい方に漢方を使う事が増えています。

ダイエットに取り組む人の多くは、きつい運動(有酸素運動やウエイトトレーニングの取り組みなど)や著しく食事量を減らすなどの方法で脂肪燃焼の促進やカロリーの制限という目的を達成したい傾向にあります。いくらダイエットのためとはいえ、このような方法では健康を損なってしまいます。健康な体作りを主眼に置いたダイエットが、漢方を用いる時のポイントです。体に負担をかけて行うダイエットではなく、健康も増進され望ましい体を作ることで自然とスリムになることが漢方での理想です。

漢方では肥満の原因は食べ過ぎや運動不足のほかに、新陳代謝をコントロールする脾(西洋医学でいう脾臓=spleenではありません。)の働きも大切と考えています。脾の働きを調整し、代謝を促進することによってダイエット効果を得ることが漢方のポイントです。漢方を用いたダイエットは、健康上の問題からダイエットの必要性に迫られているという、生活習慣病予防やメタボ対策をしたい方に適しています。

漢方を用いたダイエットの注意点は、漢方の中には即効性を示すものもあるが、一般的には効果が出るには多少の時間がかかる傾向があります。気長に取り組むことが肝要です。(1日、2日で効果が出るようなものではないことを注意する必要があります。)体重を落とすことが最終目的ではなく、漢方を用いたダイエットの本質は体質改善にあります。体質改善とは、一朝一夕で成し遂げられるものではありません。短期間で効果が出てしまうと身体への負担は大きくなってしまいますので、体調不良やリバウンドの元となります。

漢方を用いたダイエットには、少なくとも半年は服用し続けるつもりでじっくりと気長に取り組んでいきましょう。服用時に体調の不良を認めた場合は医師に相談すべきです。(漢方による副作用などを確認するために、定期的に血液やその他の検査を行い、内臓機能をチェックする必要があります。)

当院は漢方の他に耳ツボ療法や針治療に用いたダイエットもございます。ご興味のある方は一度ご相談下さい。

Advertisement

コメントをどうぞ